楽天カードが2枚持ち可能に!?2枚持ちのメリットとは?

通常、クレジットカードは同一のクレジット会社から複数のカードを発行してもらうことができません。

それは、人気ブランドの「楽天カード」も同様であり、従って他の国際ブランドの楽天カードが欲しいと思っても、今持っているカードを解約するしかありませんでした。

ところが、昨年暮れ(2017年12月)に楽天カードから利用者に対し、『追加でもう1枚カードを発行できます』との案内がありました。

VISAブランド利用者

今回、追加で現在のものとは異なる国際ブランドや異なるグレードの楽天カードを持てるのは、VISAブランドの楽天カードを所有している人だけです。

既に所有しているVISAのカードに加えて、追加でカードを持つことができます。

今まで、公共料金や携帯料金、ネット通販サイトなどの登録情報を変更するのが面倒なことから、楽天カードの切り替えを我慢していた利用者には朗報といえます。

当然、単なる追加であるため審査は行われず、手続きも会員ページの「楽天e-NAVI」から「カードの追加」という手続きによって簡単にできます。

2枚持ちのメリットとは?

2枚持ちのメリットには以下などがあります。

(1)別のカードの特典を享受

VISA以外の国際ブランドや上位グレードのカードを持つことで、新たな特典を得ることができます。
①限定デザインカード(MasterCard、JCB)
お買いものパンダやFCバルセロナ、楽天イーグルスのデザインのカードを持つことができます。

②女性専用カード
女性の場合は女性向けの「楽天PINKカード」を併用すると便利です。女性専用の特典が用意されている他、月額30円から低コストで女性のための保険を集めた「楽天PINKサポート」を利用できます。

乳がんや子宮がんなど、女性特有のがんなどの疾病に対する補償を受けられます。

③別ブランドのカード
MasterCardやJCBを持つことで、それぞれのブランド特有のサービスを受けられます。また、VISAでは利用できなかった店舗や施設も使えるようになります。
〇JCBブランドの専用メリットの例
・ANA JCB プリペイドカードへのチャージが可能で、ポイントが付与
・nanacoへのチャージが可能(ポイントの付与無し)

〇MasterCardブランドの専用メリットの例
・au WALLETプリペイドカードへのチャージが可能で、ポイントが付与

④上位グレードのカード
ゴールドカードやプレミアムカードを持つことで、一般カードには無い高品質のサービスを受けられるようになります。

(2)カードの使い分け

カードを2枚持つことで、買い物用や公共料金用、仕事用など用途によって使い分けることができ、またカード別に利用明細が記載されるため、管理が容易になります。

さらに、追加カードの引落し口座を変えることが可能なため、銀行口座を有効に使えます。

ポイントの集約

カードが2枚になったとしても、ポイントは合算して1ヶ所に集約されます。楽天ポイントクラブのポイント明細には、各カードの獲得ポイントが分かれて表示されるため、どのカードでどのようにポイントが貯まったのかも分かります。また、どちらのカードでも貯まったポイントをまとめて利用できます。

利用限度額

カードの利用限度額は高い方の限度額が適用されます。仮に、限度額が50万円と30万円だった場合、両方のカードを合わせて50万円まで使用できます。

追加カードにも家族カードやETCカードを付帯してもらえます。なお、今回はVISA利用者だけに対するサービスなので、JCBやMasterCardの利用者はカードの追加ができません。

どうしても追加したい場合は、現在のカードの「切り替え(解約&新規発行)」をしてVISAを発行してもらい、その後でMasterCardかJCBを追加することになります。ただし、その場合は改めて審査を受けなければなりませんので、手っ取り早く借りたい人は、消費者金融おすすめで借りた方が、最短1時間融資も可能です。